看護する上での考えるべき事やポイント

鼻から管

医療技術が発達するということは、一見、良いことのように思えます。 確かに、高い水準の処置を施すことができれば、以前の医療技術では救うことができなかった病人を、救うことができるケースが増えてきます。 この点を見れば、良いことだと言えます。 しかし、デメリットも生じている点に、気をつけておかなければなりません。 これが単純に喜ばしいことだとは言えないのです。

胃瘻の看護も専門の知識が必要になります

患者を救うということは、とても良いことだと感じるわけです。 これは本当に当事者が望んでいる看護医療に本当になっているのか、という点をすぐに改めて考えるべき時代になっているのです。 意識を取り戻せなくなった方に対して処置を施す場合に、大きな問題になります。 やはりこれは看護医療で大切なことは、これは本人の意思を尊重することです。 このような意識が無くなっているパターンについてはどうなるのでしょうか。 これは本人の意思を言葉で確認する術が現状ではありません。 家族の希望に従うことが、必ずしも最善なのかは分からないのです。 ここでは意識を取り戻せない方に栄養を与える方法としてです。 現在では胃瘻という手術を行うケースが増えています。 以前は、こうして鼻からチューブを導入して栄養を送っていたのですが、この方法には問題点となるポイントがありました。

費用


衛生面での看護にも費用が必要になります

正面顔

それは、人間が特に大切だと考える顔面部の見た目が非常に悪くなってしまうことです。 顔面部を半永久的に美しく維持することができない方法は、なかなか本人に受け入れてもらえません。 看護する家族にとっても、チューブでつながれた状態の家族を見ていることには可哀そうで耐えられない、と感じる場合が多々あります。 その問題点を解決したのが、おへその辺りを切開して、胃にプラスチックのチューブをつなぐという方法だったのです。

家族の胃瘻を漢語でさせるために必要なこと

医療技術が発達したことで、このように胃瘻の手術が失敗するということは、まず考えられなくなっています。 患者本人・家族ともに、胃瘻を積極的に行いたいと考えるケースが増えてきています。 ただ、もちろんデメリットもありますから、きちんと確認しておかなければなりません。 そして手術を行った後で、こんなはずではなかったと全員が後悔するのでは、患者にとって最悪の事態です。 まず、高額の費用が半永久的にかかるということに気をつけなければなりません。 手術自体は高額ではありませんが、それ以降、長期にわたって栄養を送り込むことになります。 これがまた、衛生面での管理・看護に力を入れなければならないので、どうしても費用は高くなるのです。 900万円以上かかると言われています。 家族に、それだけの余裕があることが大前提なのです。

寿命 デメリット

看護の専門知識を持っている担当がいます

ナース集合

看護については、主に病院などの医療機関が担うことになります。 胃瘻に関する専門知識を持っている看護師が多数在籍している病院であれば、あまり問題にはなりませんが、人数が少ない場合、何かトラブルが起こった場合の対応が遅れてしまうことも有り得ます。 患者本人は、すぐに医師などを呼ぶことができる状態ではありませんから、看護を行う医療スタッフの側で、常に気を配っていなければなりません。 経口摂取の手術を受けている当事者を受け入れてくれる医療機関・医療施設というのは、意外と多くないことにも注意が必要です。

看護をしていく上で間違ってはいけない注意点

つまり、途中で転院しようと考えても、なかなか転院することができない、というケースが生じてしまうのです。 基本的に、患者を移動させることは、本人にとって大きな負担になるので、ここでは転院は最小限度に留めるようにするべきですが、どうしても転院しなければならない事情が発生することもあります。 その時になって、受け入れ先が簡単に見つからないとなると、ここでは体への負担は大きくなるばかりです。 経口摂取の手術を受けることに決めたら、その病院がきちんとしてシステムが整っているのかを確認しなければなりません。 長期的な視野を持って、最後までその施設で過ごすことを前提に考えておくべきです。

合併症