QOLを向上させる費用目的のケースやパターン

のどの痛み

ご存知の方は既にいるかもしれませんが専門的な用語で胃瘻という医学的処置があります。 何らかの事情で食物や飲み物、医薬品などの摂取が口からできなくなってしまった場合において用いられる対処法です。 人為的に皮膚に穴を開けて胃までの道を作り、そこにチューブを通して直接食物や水分、医薬品を流入、投与するための処置のことをここでは指します。 そして上部消化管の内視鏡の技術を用いて通路を作る技術が1980年代のアメリカでこれが開発されて現代では広く普及しています。

費用はどれくらい毎月かかるのか

内視鏡を適用するケースは限られていますが、まずは先天的な問題で経口摂取ができないような例が挙げられます。 後天的な怪我等で脳神経や口腔、咽頭、食道の機能が失われた状態や機能に障害が出てしまったようなケースも実際にここにはあります。 あるいはそれらの何らかの問題で飲み込むことが難しい嚥下障害がある状況です。 いずれにしてもこのオペを適用することで患者の生命維持に寄与します。 QOLを向上させる費用目的の達成が期待できるシチュエーションに行われます。 そのような費用や事情から次のようなケースではこれは通常は適用されないことになっています。


寿命 デメリット

処置を継続するにはどれ位の費用が必要か

カメラの図

たとえば老衰やがんの終末期の場合は単なる延命になってしまうために、取りやめることになります。 又は本人や心配している家族がこの技術による延命を拒否したパターンでも中止の条件に合致します。 あるいは胃や腸の機能的な問題で手術が適切ではないと判断されるケースも同じくです。 内視鏡、いわゆる専用の高性能カメラが使用できない身体の状態の状況も適用外の方法となります。 あとは稀なケースですが、妊娠中は母体に危険なのでこのオペが法律で行われません。

胃瘻は続けていく費用が大変?

重症の患者がかなりの肥満で腹膜からこの部分までの距離が長いときも適用できないことになっています。 これらのいずれかに該当する時はこれを行わないか、中止となります。 この問題は現在も、常に議論が続いています。 日本においては終末期患者や認知症や老衰の方にも積極的に実施されるようになりました。 その多くは安価なベッドに寝たきりの高齢者です。 このような対処により延命ができたとしてもです。 患者本人の尊厳を損なったり苦痛を大きくしてしまう可能性もあるのです。 このような問題が取り上げられるようになってからはこのトピックの議論もかなり深まってきています。 この様な技術なのですが、気になる点としてはこの様なケアをしましょう。 継続していくことでどれだけの費用がかかるのかという点です。 答えから言ってしまえば手術そのものの費用はそれほど大きなものではありません。 介護が必要ではないという条件付であれば食費用がかかるのと同じようなものです。

合併症

トータルの費用は地域や病院によって大きく差があります

話し合い

胃瘻をしなければならないほど弱った状態になってしまったためです。 という条件化では少し状況が変わってきます。 この処置を行ういつつ在宅介護というのは極めて難しいというのが現実です。 そのため病院等の施設で面倒を見てもらうことを考えると1ヶ月あたりの費用としては10~20万円くらいは総額でかかります。 医療保険等に入っていなければまかなうのが極めて難しいほど費用がかかってしまうものです。

延命をする費用は保険はどうなる?

この様な状態でどれくらい生きていけるのかはケースバイケースのため何ともいえません。 多くの家族に支えられて10年以上も自宅で過ごした高齢者もいます。 対処を始めて4ヶ月程度しか持たずに亡くなった方もいます。 どのような予後かは本当に人それぞれですので、執刀のオペをするのかしないのかを元気なうちから考えておくべきなのです。 最近では回復の見込めない病状を無理やり延命させるため出口の見えないトンネルの中に入るようであると形容する方もいます。 そのため無理をせずに成り行きに任せることもあるのです。 十分な話し合い無く、ある日突然に体を壊してしまったシチュエーションを考えてください。 果たして冷静な判断ができるでしょうか。 元気なうちから予め話し合い、いざという時の対応を検討しておかないと、ここでは現実では無意味な延命に踏み切ることになってしまいます。

看護