合併症に問題ある場合は手術できない

サッカーボール

基本的な流れは人工的に腹部と胃に細長い穴をあけて、外部から人工栄養などを直接摂取できるようにするような治療法です。 病気や外傷などにより、食事や水分、薬などの経口摂取が困難な場合に取られる処置です。 末期がんの患者や妊娠中の女性、この部分や腸に合併症の問題があります。 こうした栄養分の消化吸収が難しい場合などは行われません。 また、本人や家族が望まない場合にはできない処置とされています。

合併症が発生するとどうなる?

このような経口摂取を行うと、自分で栄養管理もできるため、在宅介護に切り替えている人も中にはいます。 逆にこれは本人への負担も軽いので、胃瘻は比較的よく利用されている処置です。 また、入浴やスポーツなども合併症や手術前と同じように行う効果ができます。 特に入浴は、湯船に全身使った場合でも、このように体内にお湯が入ってくる心配はありません。


費用


手術するとどんな合併症が可能性として出てくるか

黴菌の図

また、鼻から管を入れる栄養摂取とは異なり、胃瘻の状態で口から食事を摂ることも可能ですので、リハビリをするときにも非常に便利です。 食べたものが体外に出てくることもなく、これまでと何ら変わりなく自由に食事をすることができます。 無事に口からすべての食事を摂取できるようになったときには、管を抜くとすぐに自然とふさがり、そして腹部の傷もやがて目立たなくなります。 これが長い管を抜いたその日から、健常者のように通常の食事に戻すことも可能になっています。 その理由から比較的ここでは気軽に処置を受けることができます。

胃瘻による合併症と安全な対策

ここと体外をつないでいる細い管はカテーテルと呼ばれています。 上記のように一度抜けるとすぐに胃壁がふさがってしまいますので、これが簡単にすぐには抜けないようにこの内部と体外でそれぞれ固定されています。 固定する方法はいくつかあり、それぞれに長所も短所もあります。 これは自分の状態に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。 また、このカテーテルはやはり人工的に作られた細胞とは違う異物です。 どれだけ気を付けても雑菌に感染する可能性がありますし、長期的に使用すると不衛生になりがちです。 そのため、だいたい4か月から半年に一度のペースで、新しいカテーテルに交換するようになっています。 交換は麻酔なしで簡単にできますし、交換したその日に食事や入浴をすることもできます。 それほど心配することはありません。 このように、メリットの効果が多い手術ですが、やはり通常の栄養摂取とは異なりますので、ここでは処置の段階ごとに、いくつかの合併症があります。 オペ手術を行っている時に多い合併症としては、手術により開けた孔の部分からこの部分や腹腔内に出血が見られたり、状況によっては鎮痛剤の副作用で呼吸が一時停止するなどがあります。 これらはやがて回復するケースがほとんどですが、いつまでも出血が収まらない場合などは、手術そのものを断念することもあります。

寿命 看護

今話題のカテーテルにも見られる合併症

腹痛トイレ

また、孔をあけるときに、体内を損傷する可能性もあります。 手術直後に見られる合併症としては、異物の挿入による孔周辺の組織や皮膚などの炎症などがあります。 また、カテーテルが何らかの拍子で抜けてしまうこともありますので、術後の経過に注意を払う必要があります。 自分で異常を感じたら、すぐに医師に相談すると良いでしょう。

合併症にならないように予防する事は可能?

術後ある程度たってから見られる合併症は、カテーテルが体内に埋没したり、管の内部が詰まったり、カテーテルの位置がずれたりするケースが増えてきます。 これらは管を交換したり、再手術によってカテーテルを調整するなどの処置がとられます。 また、長期的に胃瘻の状態が続くと、胃潰瘍になったり、腸閉塞になることもあります。 在宅介護の場合、栄養剤を入れるスピードによってはおう吐を繰り返したり下痢になることもあります。 放置しておくと危険性の高い合併症も含まれていますので、この効果のあるカテーテルの交換や受診を定期的に行います。 異常があった時にはできるだけ速やかに報告することが大切になります。

デメリット