手術することによるデメリットもあります

切開

医療に関する技術は、年々発達しています。 老衰のために自分で食事を摂ることが困難になってしまった人や、脳機能の障害で意識が戻らなくなってしまった人に、このような人為的な方法で栄養を与える方法も開発されています。 次第に利用する人が増えてきましたが、それはデメリットもある胃瘻と呼ばれる方法です。 以前であれば、鼻から胃へとチューブを通す経鼻という方法が用いられるケースが大半を占めていました。 しかし、経鼻には難点があるため、これをあまり好まない人も大勢いると評判や口コミで見ます。

胃瘻のデメリットや危険を理解する

第一に、鼻からチューブを通しているため、顔面部の見た目の印象が悪くなってしまいます。 意識のある老人の場合、本人が嫌がることも多いです。 また、ここで意識が戻らなくなった人の場合、家族が拒否するケースが多いです。 このような経口摂取という方法は、おへその辺りを円形に切開して、内臓器官直接チューブを通すものです。 内視鏡手術によると、顔面部を美しい状態に保つことができるので、本人や家族の了承を得やすくなります。 この段階での手術をした部分を他人に見せることは通常なく、これは何らかの方法で上手く隠すことができます。 また、この部分に近い部分から栄養を取り入れる方法なのです。 鼻などから導入する場合と比べて、これが患者に与えるダメージをここでは小さくすることもここでは可能です。 このようなメリットがあるため、多少の問題点があっても積極的に胃瘻の手術を行うことを選ぶ人が、かなり増えているのです。 しかし、これはメリットばかりではありません。 当然のことですがデメリットもあるのです。 どのようなデメリットがあるのか、しっかりと把握しておかないと、本当の適切な医療行為を行うことが簡単にはできなくなります。

悪玉コレステロールを下げる方法



費用

好きなものが自由に食べることが出来ないデメリット

大腸

患者・家族にとって最良の医療にするため、胃瘻のメリット・デメリットについて、医師などの専門家が正確に説明するようにしなければなりません。 具体的には、この辺りから直接栄養を送り込むことになるわけですから、こうやって食事を楽しむことができなくなるという口コミがあります。 どうしても流動食に限定されることになりますから、美味しいもの、好きなものを食べるというわけにはいかないのです。 食事を生きる喜びと考えていた人にとって、これは非常に辛いことです。

デメリットやマイナス面を考えるならやらない

また、簡易の手術を施した部分からの感染症にも気をつけなければならない点があります。 胃瘻の知られてないデメリットとしては傷を完全にふさぐことは困難なのが問題点です。 常にチューブが動いてしまうため、傷は残っています。 そこから感染しないように、医療スタッフが確認を怠らないことが大切になります。 経口摂取が可能な人の場合は、喉の部分が筋力低下の状態になってしまうためです。 時々経口摂取を行おうとすると、誤嚥してしまう可能性が高まります。 経口摂取の際は、特に周囲の人が配慮しなければなりません。

合併症 看護

デメリットとして大きいのはやはり治療費です

建物外観

より大きなデメリットもあります。 胃瘻の手術を受けている患者を受け入れることができる医療機関というのは、実は少ないのも問題点です。 したがって、途中で転院することを考えた場合、受け入れ先を探すのは非常に困難を伴います。 なかなか見つからない状況が続けば、転院することが不可能になってしまいます。 専門家の口コミでは費用の問題も大きいです。

デメリットだけで考えて胃瘻をしない人も

経費が自腹でトータルで900万円以上はかかるのが一般的です。 それだけの費用を支払う余裕がある家庭でなければ、手術を行うのは極めて難しいと言えます。 延命のために手術をするわけですが、たいていの患者は1年から2年ほどしか持たないものです。 特別な手術を施して延命するのが、患者本人にとって最適なのかどうか、真剣に考える必要があります。 患者本人の意思を尊重することが大切ですが、患者の意識が無い場合の判断は極めて難しくなります。 家族の負担も大きいので、家族の考え方にも配慮しなければなりません。 そして、一般論の範疇になりますが、こういったオペを積極的に行うようになるとどうでしょうか。 ここで生と死の境目が曖昧になってしまう、というデメリットも胃瘻で生じています。 今まで以上に議論を深めていく必要があります。

寿命